もう迷わない!名古屋のHARG療法クリニックレポート » 脱毛事情と薄毛対策のポイント » 深刻な女性の脱毛原因と対策

深刻な女性の脱毛原因と対策

男性だけでなく、女性にも増えている薄毛・抜け毛の悩み。ここでは女性ならではの深刻な薄毛の原因と、その対策方法についてご紹介します。

女性に多く見られる「びまん性脱毛症」とは

女性の薄毛の原因として、もっとも発症しやすいと言われているのが「びまん性脱毛症」です。びまんとは「一面に広がった状態」を指す言葉で、部分的に薄毛が進行するのではなく、頭髪全体が薄くなっていくのが特徴。主な症状は以下の通りです。

  • 髪のボリュームが減った
  • 抜け毛が増えた
  • 地肌が透けて見えるようになった
  • 髪が細くなった
  • 髪のツヤやコシがなくなった

少しずつ毛量が減っていき、気づいたときには症状がかなり進行していた…というケースも少なくありません。

女性の薄毛の原因

AGAとは男性型脱毛症のことですが、女性にもAGAは起こります。女性の場合はFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれ、発症するとその多くがびまん性脱毛症を発現します。

FAGAの主な原因は、加齢に伴う女性ホルモンの減少。女性ホルモンが減って男性ホルモンが優位になると、男性ホルモンの影響を受けやすくなって症状が現れやすくなります。とくに閉経前後の女性はホルモンバランスが乱れやすく、FAGAが起こりやすいと言われています。また、過度なダイエットやストレスなどがキッカケとなり、20代から発症する例も多く見られます。

その他の原因としては、休止期脱毛症が挙げられます。これは、頭髪全体が少なくなる女性ならではの脱毛症です。毛髪の生え変わりは成長期→退行期→休止期で構成されていますが、休止期に入っている毛根が増えることで休止期脱毛症が起こります。長くてしっかりとした髪の毛が、頭部全体から抜けてしまうのが特徴です。

女性の薄毛対策

女性の脱毛症はさまざまな要因が入り乱れていることが多く、FAGAも休止期脱毛症も原因を特定しきれないのが現実です。しかし、ホルモンバランスの乱れが大きな原因のひとつであることは判明しているので、「良質な睡眠をとる」「栄養バランスのとれた食生活を心がける」「ストレスを上手に発散する」「適度な運動をする」といった基本を心がけ、心身を健康的な状態に保つようにしましょう。また、過度なダイエットが脱毛症を引き起こすこともあるため、体重を適正値でコントロールすることも重要です。

こういった対策で効果が出ることもありますが、症状が進行してしまった状態だとなかなか思うような効果が見られないこともあります。そんなときは迷わず、薄毛治療専門のクリニックでカウンセリング・診察を受けてみましょう。専門クリニックでは女性を含めたさまざまな治療データを活かし、1人1人の状態に合った治療法を提案してくれます。1人で悩まず、気軽に相談してみてください。

HARG療法の症例に基づいて選んだ名古屋でおすすめのクリニックとは?