名古屋でHARG療法クリニック探すなら見ておきたいベスト4 » 脱毛事情と薄毛対策のポイント » 薄毛(AGA)の原因:生活習慣

公開日:|最終更新日時:

薄毛(AGA)の原因:生活習慣

薄毛(AGA)の原因は、男性ホルモンの分泌や遺伝、生活習慣の乱れだといわれています。その中から、薄毛(AGA)と生活習慣の関係をピックアップ!薄毛(AGA)と生活習慣にはどのような関係があるのでしょうか。対策法もまとめましたので、参考にしてみてください。

薄毛(AGA)と生活習慣の関係

睡眠不足や偏った食事、運動不足など生活習慣が乱れると、からだに不調が現われます。頭皮も同じ。睡眠不足や過度のストレス、 脂っこい食事を摂りすぎると、原因菌が増殖し脂漏性皮膚炎の症状が起こります。脂漏性皮膚炎は、頭皮環境を悪化させる原因です。

睡眠不足が続く、ストレスが増えると、自律神経が乱れて、交感神経の働きが活発になります。交感神経には血管を収縮させる作用があるため、頭皮に充分な栄養がいきわたりません。その結果、頭皮の環境が悪くなるのです。飲酒や喫煙も血流の流れを悪くし、髪の成長を妨げます。生活習慣を見直して頭皮を健康に保ちましょう。

薄毛のリスクを高める生活習慣5つ

過度な飲酒

お酒を飲むと体内でアルコールを分解する「アセトアルデヒド」が作られます。アセトアルデヒドは、DHT(ジヒドロテストステロン)を増加。DHT(ジヒドロテストステロン)は発毛や育毛を妨げる悪玉ホルモンです。

からだの中でアルコールが分解されると、アミノ酸やビタミンを消化してしまいます。アミノ酸やビタミンは髪にとっては重要な栄養素。お酒を飲みすぎると、髪にとって大事な栄養素も不足してしまうのです。

就寝前のアルコールもダメ!睡眠の質が下がり、髪の成長に欠かせないホルモンの分泌も低下させてしまうので、注意しましょう。

脂質の多い食事や冷たい飲み物

揚げ物やスナック菓子、ジャンクフード、インスタント食品など脂質の多い食事は頭皮の皮脂分泌を増加させます。皮脂が過剰に分泌されると、毛穴に皮脂が詰まり、髪の成長を防いでしまうのです。

冬でも冷たいドリンクしか飲まない人や、温かい食事をあまり食べない人はからだが冷えて血液の循環が悪くなります。冷えによる血行不良も頭皮にはよくありません。からだを冷やさないようにしましょう。

睡眠不足

睡眠中に分泌される「成長ホルモン」髪の成長に役立ちます。睡眠時間が短い人や夜寝るのが遅い人は、成長ホルモンの分泌が減少してしまうので規則正しい生活を心がけましょう。

ストレス

人はストレスを感じると「コルチゾール」と呼ばれているストレスホルモンが分泌されます。コルチゾールはからだの中に活性酸素を増やし、毛母細胞が髪を作る力も軽減。過度なストレスは自律神経の乱れにもつながります。

喫煙

タバコに含まれている「ニコチン」には毛細血管を収縮させる作用があります。頭皮は毛細血管が多く集まっている部位。血行不良は抜け毛の原因の一つです。

生活習慣の乱れによる薄毛(AGA)への対策

食生活を改善する

髪の毛の主成分はタンパク質。タンパク質やタンパク質を作るために欠かせない「亜鉛」、血流の働きを促す「ビタミン」が含まれている食べ物を摂るように心がけ、食生活を改善しましょう。

タンパク質や亜鉛、ビタミンが含まれている食べ物は以下のとおりです。

  • タンパク質が多い食べ物:肉・青魚・大豆・卵・乳製品・ナッツ類 など
  • 亜鉛が多い食べ物:レバー・魚介類・カキなど
  • ビタミンが多い食べ物:レバー・大豆・野菜・豚肉など

睡眠時間は6時間以上

22時~2時の間は、成長ホルモンの分泌が多いといわれている時間帯です。しかし、この時間帯に就寝するのは難しい人もいるでしょう。その場合は6時間以上睡眠時間を取るようにしてください。深い眠りは睡眠の質を向上させます。睡眠の妨げとなるブルーライトを避けるため、寝る直前はスマホから離れましょう。

飲酒・喫煙を控える

飲酒や喫煙は、頭皮の血行を悪化させます。髪に十分な栄養を届けるためには、休肝日を設ける、タバコの本数を減らすなど、できることから始めてみてください。

ストレスを発散させる

ストレスは活性酸素を発生させるため、自律神経が乱れ、頭皮の環境が悪くなります。好きな音楽を聴く、映画を見る、からだを動かす、趣味の時間を充実させる、家族と過ごすなど、自分に合った方法でストレスを発散させましょう。

頭皮のケアをおこなう

頭皮を清潔に保ち、血流を良くすると、髪の成長を促進させます。頭皮をいたわるシャンプーのやり方を試してみてください。

頭皮をいたわるシャンプーのやり方

  1. 髪全体をお湯で流して、ほこりや汚れを落とす
  2. シャンプーを手でよく泡立てる
  3. 指の腹を使って髪をやさしく洗う
  4. すすぎ残しがないように、シャンプーを洗い流す

頭皮をマッサージするのも良い方法です。シャンプーの後、後頭部・耳のうしろ・側頭部・頭頂部・前頭部の順に優しくマッサージしてください。

遺伝による薄毛(AGA)にharg療法は効くのか?

薄毛は、毛髪を作り出す細胞が低下し、毛髪の成長サイクルが乱れることで起こるといわれています。harg療法は、機能が低下した毛母細胞に直接働きかけ発毛を促進し、毛周期正常な状態に導く再生医療です。毛母細胞が生きていれば、効果を発揮するとされています。遺伝による薄毛(AGA)であっても、harg療法は効果が期待されるといえるでしょう。

脱毛事情と薄毛対策のポイントについて詳しく見る

HARG療法の症例に基づいて選んだ名古屋でおすすめのクリニックとは?