名古屋でHARG療法クリニック探すなら見ておきたいベスト4 » 脱毛事情と薄毛対策のポイント » 自分でできる前頭部の薄毛対策

公開日:|最終更新日時:

自分でできる前頭部の薄毛対策

男性はもちろん、女性にとっても薄毛はデリケートな悩み。ここでは、薄毛のなかでも前頭部にスポットを当てて、その対策について紹介しています。

生え際の種類別 薄毛の基準は?

薄毛は、男性と女性とで進行に違いがあるようです。以下では、一般的な、基準について解説しています。

M字ハゲ

M字ハゲは、アルファベットのMのように、額の両側から後退するタイプの薄毛を言います。明確な定義はないようですが、次に状態がみられたら、M字ハゲの発症が疑われます。

はじめに、眉毛を思い切って上げた時にできるシワのうち、一番にあるシワが額の上限とします。次に、額の上限と生え際との間に、指が3本分以上入ること。

またこれらのほかにも、M字ハゲの基準として「ハミルトン・ウッド分類」があります。

ハミルトン・ウッド分類とは、額の両サイドの後退した部分と、耳に真上とを結んだラインが2センチメートル以内であれば発症が疑われます。

U字ハゲ

U字ハゲは、M字ハゲとO字ハゲがつながったものを言います。上から見ると、アルファベットのUのように、広範囲にわたって薄毛になっているという特徴があります。

男性の薄毛は、5α-リダクターゼという酸素の一種が深くかかわっていると言われています。5α-リダクターゼの働きによって男性ホルモンのバランスが崩れ、抜け毛が起きやすくなるためです。

5α-リダクターゼは頭頂部と前頭部に多く分布しているため、高等部や前頭部にハゲが起こりやすくなります。側頭部と後頭部は、5α-リダクターゼの影響が受けにくいため、髪の毛が残る傾向があります。

O字ハゲ

O字ハゲは、つむじ周辺の髪の毛が徐々に薄くなっていくことから、つむじハゲとも呼ばれています。頭頂部の髪の毛も、U字ハゲの原因と同じ5α-リダクターゼを受けやすいため、薄毛が進行することで徐々に頭頂部の薄毛が目立つようなります。

ただ頭頂部は、生え際の薄毛と異なり、自分で確認することが難しい部分なので、気がついたらO字ハゲになっていたというケースも少なくはありません。

前頭部の対策とは?

前頭部のスカスカが目立ちはじめたら、なるべく早くに対策することが大切です。特に、若い方は薄毛の進行スピードが速い反面、若いからこそ早めに対策できる、ということも言えます。

以下、自分でもできる方法をまとめました。

分け目を変える

分け目を変えて前髪を作るなどで、前頭部のスカスカを目立ちにくくさせることができます。

女性は、同じ箇所で髪を分けたり、結んだりすると、牽引力で前髪が抜けてしまうことがあります。そうならないためにも、たまには髪型を変えることもおすすめの方法です。

食生活の見直し

髪の毛を作るタンパク質と、タンパク質を髪の毛に作りかえる亜鉛が特に重要。さらに、頭皮の状態を良好に保つために、ビタミン類やミネラルも積極的に摂取することが大切です。日々の食生活を見直し、これらを意識して食生活を送りましょう。

シャンプーを変える

普段使っているシャンプーを育毛用シャンプーに切り替えることでも、対策につながります。

育毛剤などでケアする

育毛剤でケアをするという方法もあります。しかし育毛剤には、髪の毛をどんどん生やしてくれるようなものではありませんので、将来の薄毛を対策するという目的での使用が適切です。

自分だけでの薄毛対策には限界があります

前頭部の薄毛のタイプと対策について紹介してきました。薄毛は、日々の食生活や、頭皮のケアによって対策できるもの。日々の食生活を見直し、シャンプーを変えるなどして薄毛対策を行ってください。ただ、自分だけでは限界があります。一人で悩まずに、薄毛専門クリニックの受診を検討してみてください。

HARG療法の症例に基づいて選んだ名古屋でおすすめのクリニックとは?