もう迷わない!名古屋のHARG療法クリニックレポート » 実績が豊富な名古屋中央クリニックに聞く!HARG療法とは » エビデンスは?

エビデンスは?

エビデンスとは「科学的根拠」のことで、さまざまな実験や調査などの結果から導かれた治療効果の裏付けのこと。ここでは、HARG療法の成り立ちとエビデンスについてご紹介していきたいと思います。

HARG療法が生まれた経緯

近年、目まぐるしい進歩を見せているAGA(男性型脱毛症)治療。現在ではミノキシジルやフィナステリドといった薬剤をはじめ、レーザー療法・注入治療・再生療法とさまざまな選択肢が揃っています。その中のひとつが、再生医療の技術を活用したHARG療法です。

HARG療法は成長因子を直接頭皮に注入するものですが、この治療法のはじまりは2006年のヨーロッパ。成長因子を利用したメソ注入が学会で発表され、さまざまな組織細胞を作り出す「幹細胞」を活用した薄毛治療に注目が集まりました。さらに、幹細胞を培養する過程で出るうわ澄み液に多く含まれるサイトカイン(免疫細胞から分泌される低分子タンパク質)が、欧米やアジア諸国で薄毛改善に用いられていたことが判明。日本でも研究・検証がスタートしたのです。

その結果、幹細胞培養中のうわ澄み液には「薄毛改善に十分な効果を発揮するであろうと考えられる濃度のサイトカインが含まれている」ことが判明。臨床実験においても、驚くほどの発毛効果が見られました*。

こうした経緯から、HARG療法の安全な提供と研究・検証を行う日本医療毛髪再生研究会(Japan Hair Re-Generative Medical Association)が2008年に発足。サイトカインを用いた医療毛髪再生治療は、HARG療法と名付けられました。現在、日本医療毛髪再生研究会には170以上の医療機関が登録しています。

*参照元:日本医療毛髪再生研究会(http://www.jp-harg.jp/harg/)

HARG療法に用いられるAAPE Powderの効果と安全性

HARG療法で使用されるAAPE Powderとは、脂肪幹細胞培養中のうわ済み液を凍結乾燥させたタンパク製剤。現在用いられているAAPE Powderには、開発当初の約2倍の生体タンパク質が含まれており、その効果も注目も高まっています。また、培養に使用される脂肪組織は健常な20歳前後のドナーから採取したもので、生化学検査(ウイルス感染の有無など)や既往歴等に問題がないなど、厳しい基準をクリアしています。

HARG療法を含むメソ注入治療は、現在までに3万例(HARG療法2.1万例、メソスキン療法0.9万例)が検証されていますが、副作用やアレルギーの報告は1例もありません。ちなみに、世界における症例の総数は10万例以上です。*

参照元:日本医療毛髪再生研究会(http://www.jp-harg.jp/harg/aape_1.html)

HARG療法の成分と発毛効果

HARG療法で使用されるAAPE Powderを注入すると、パウダーに含まれる脂肪肝細胞は頭皮内でサイトカインを放出します。サイトカインは細胞の機能活性や回復を促す成長因子を放出、毛乳頭や毛幹を活性化したり、毛包の再生を促進します。なお、薄毛改善に関与する成長因子は以下の通りです。

  • PDGF (血小板由来成長因子)
  • Basic FGF (線維芽細胞成長因子)
  • KGF (ケラチノサイト成長因子)
  • TGF beta1(トランスフォーミング成長因子)
  • HGF (生体細胞成長因子)
  • VEGF (血管内皮細胞成長因子)
  • Collagen, Fibronectin(コラーゲン・フィブロネクチン)
  • SOD (活性酸素除去成分)ほか150種類以上
HARG療法の症例に基づいて選んだ名古屋でおすすめのクリニックとは?