もう迷わない!名古屋のHARG療法クリニックレポート » 実績が豊富な名古屋中央クリニックに聞く!HARG療法とは » 男女の違いは?

男女の違いは?

男性と女性の薄毛の違いや、女性にもHARG療法は効果があるのかといった、気になる情報をまとめています。

男女の薄毛は何が違う?

男性・女性ともに、薄毛の原因はさまざまです。ストレスや生活習慣の乱れといった共通項もありますが、男女の薄毛の大きな違いはホルモンバランスとなります。

男性の薄毛でもっとも多く見られるのが、AGA(男性型脱毛症)です。AGAは男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン」が毛母細胞に影響を及ぼし、髪の生え変わりのサイクルである毛周期を乱すことが主な原因とされています。

女性の場合は、加齢によるホルモンバランスの乱れが大きな原因。髪の成長と維持に必要な女性ホルモン「エストロゲン」が加齢に伴って減少すると、薄毛が目立ち始めることがあります。その他にも、カラーリング・パーマ・スタイリング剤などによる頭皮へのダメージ、過度なダイエットや冷え性も原因として考えられます。

男性と女性の薄毛では原因となるホルモンが異なるため、薄毛をケアするにはそれぞれに適した治療法を取り入れることが重要なのです。

女性の薄毛のタイプ

薄毛治療やケアを始める前に、女性の薄毛のタイプについて知っておきましょう。

びまん性脱毛症

女性の薄毛でもっとも多く見られるのが、びまん性脱毛症。これは髪の毛全体が薄くなっていくタイプで、髪の分け目や頭頂部の皮膚が透けて見えるようになってきます。更年期前後によく見られる症状ですが、ストレス・過度のダイエット・生活習慣の乱れなども原因として挙げられます。

分娩後脱毛症

分娩後脱毛症とは、出産後のホルモンバランスの乱れによって起こる一時的な脱毛症のこと。高齢出産などで体力の回復が遅い場合は自然治癒しにくいケースもあります。

粃糠性(ひこうせい)脱毛症

粃糠性(ひこうせい)脱毛症とは、頭皮の炎症による脱毛症。皮脂の過剰分泌によって頭皮が荒れ、発生したフケが毛穴をふさぐことで起こります。過度なシャンプーやヘアケア、ストレスや食生活の乱れ、アレルギー体質などによって引き起こされると言われています。

牽引性(けんいんせい)脱毛症

牽引性(けんいんせい)脱毛症とは、長期間にわたって同じ分け目を続けたり、ポニーテールや三つ編といった強く髪の毛を引っ張るヘアスタイルが原因で起こる脱毛症。生え際・額・後頭部で薄毛が見られる傾向にありますが、分け目やヘアスタイルを変えることで予防・改善できます。

女性にもHARG療法は効果があるの?

女性の薄毛は男性とは原因が異なるので、男性向けのAGA治療では効果が見込めません。女性の薄毛の原因は複雑であるため、治療法はあまり多くないのですが、HARG療法は問題なく使用できる治療法のひとつです。

HARG療法はホルモンに働きかけるものではなく、毛母細胞を刺激して発毛を促進させる方法。使用するHARGカクテルには、アレルギー起因物質なども含まれていません。1回の治療時間は20分前後、ダウンタイムも副作用もありません。目立つ傷が残る心配もなく、普段通りの生活を送りながら治療できるという点からも、HARG療法は女性にピッタリの治療法と言えます。

HARG療法の症例に基づいて選んだ名古屋でおすすめのクリニックとは?