名古屋でHARG療法クリニック探すなら見ておきたいベスト4 » 脱毛事情と薄毛対策のポイント » 薄毛対策としてのシャンプーの選び方

公開日:|最終更新日時:

薄毛対策としてのシャンプーの選び方

薄毛対策として使いたいのは、「育毛シャンプー」です。育毛シャンプーは、頭皮の状態を適切に保つために、低刺激で育毛をサポートする成分が含まれています。育毛シャンプーに期待できる効果と選び方をまとめました。

育毛シャンプーで期待できること

フケやかゆみを抑える

フケには、「脂性フケ」と「乾性フケ」があります。脂性フケは、シャンプーをきちんと洗い流せていなかったり食生活が乱れたりしていることが原因。余分な皮脂が酸化して細菌が繁殖し、臭いやかゆみを引き起こすこともあります。乾性フケの原因は、必要以上に洗いすぎて頭皮が乾燥してしまうことです。市販のシャンプーに含まれるアルコール系成分で洗い流しすぎている可能性もあります。

育毛シャンプーには、「アミノ酸系」成分が使用されていることが多いです。アミノ酸系成分は、必要な水分を残しながら、余分な皮脂を落とせます。バランスの良い頭皮の状態へ導くので、フケやかゆみを抑えられるのです。

ハリやコシを与える

ハリやコシがなくなるのは、血行不良が原因のひとつ。血行不良になると、髪が十分な太さに成長できません。

育毛シャンプーは、ハリやコシを失った髪をケアして、補修してくれる成分が入っています。γ-ドコサラクトンや植物オイルは、髪のキューティクルを補修したり、保湿したりする成分です。血行促進効果があるセンブリエキスも、育毛シャンプーにはよく配合されています。

血行促進には、シャンプーのときの頭皮マッサージもおすすめです。

ヘアサイクルの乱れに

私たちの毛髪は、1日100本くらい抜け落ちています。特に秋は抜け毛が多い季節です。しかし、秋以外の季節に100本以上の毛が抜けているなら、ヘアサイクルが乱れているかもしれません。毛が生えるより、毛が抜ける休止期の毛が多くなっている可能性があります。

ヘアサイクルの維持には、頭皮の血行が良く、バランスよく保湿されていることが大切です。育毛シャンプーは、センブリエキスなどの頭皮の血行促進する成分や豆乳発酵液などの保湿効果がある成分が含まれています。

薄毛対策に使いたい育毛シャンプーの選び方

薄毛が気になる方が育毛シャンプーを選ぶ場合は、成分に注目しましょう。刺激が強い成分や洗浄力が強すぎる成分は避け、育毛効果のある成分が含まれているシャンプーを選んでください。育毛シャンプーを選ぶときに注目したい成分についてお伝えします。

洗浄成分は「アミノ酸系」「ベタイン系」を選ぶ

薄毛・抜け毛が気になる方は、界面活性剤のような強い洗浄成分が含まれているものはおすすめできません。天然由来の洗浄成分が含まれているシャンプーを選ぶと良いでしょう。「アミノ酸系」や「ベタイン系」成分配合のシャンプーがおすすめです。

アミノ酸系成分は、頭皮の乾燥を防ぎます。ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルタウリンNa、ココイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸、ココイルアラニンを含むシャンプーを探してみてください。

「ベタイン系」は、敏感肌におすすめの成分。コカミドプロビルベタイン、ラウロイルプロピルスベタイン、ココアンホ酢酸などです。

アルコールはできるだけ「フリー」のものを選ぶ

できるだけ、アルコールフリーのものを選ぶことも意識してみてください。一般的なシャンプーには、ベンジルアルコールやイソプロパノールが使われています。溶剤としてや殺菌の目的で入っていますが、長時間肌に触れると、皮膚刺激になる可能性が。しっかり洗い流すことが大切ですが、アルコールフリーのものを選ぶとより安心です。

アルコールの代わりに、天然のパーム・ヤシ由来の飽和高級アルコール「ステアリルアルコール」や敏感肌向けの「フェノキシエタノール」が入っているものが良いでしょう。

髪の毛の成長を促す成分が入っているものを選ぶ

髪の毛の成長を促す成分が入っているシャンプーを選ぶことも大切です。頭皮の血行を促す成分なら、「センブリエキス」「ショウガエキス」などの成分があります。また、保湿効果には「ヒアルロン酸Na」や「豆乳発酵液」、敏感肌を守る「グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K・甘草エキス)」根元・毛母細胞の活性化が期待される「アデノシン」「キャピキシル」など、成分は様々です。求める効果が期待できる成分が入っているか、チェックしてみてください。

脱毛事情と薄毛対策のポイントについて詳しく見る

HARG療法の症例に基づいて選んだ名古屋でおすすめのクリニックとは?