もう迷わない!名古屋のHARG療法クリニックレポート » 脱毛事情と薄毛対策のポイント » 40代の薄毛事情と対策

40代の薄毛事情と対策

40代に入ると、非常に多くの人が悩みを抱えるようになる薄毛の問題。40代に見られる薄毛の原因には、一体どのようなものがあるのでしょうか。以下に主な原因と対策をまとめてみました。

40代の薄毛の原因とは?

AGAが進行している

40代の薄毛の多くは、AGA(男性型脱毛症)が進行した状態です。そのほとんどが20~30代で発症しており、前頭部や頭頂部の薄毛が顕著になってきています。毛髪も1本1本が細くなっており、抜け毛の本数もグッと増えてくるのが特徴。注意したいのは、このAGAは放っておいても改善・回復は見込めないということです。

頭皮の皮脂が多い

毎日のシャンプーで皮脂汚れを落とし切れていない、脂っこい食事を摂りすぎている、過剰なストレス下に置かれている…といった場合、頭皮の皮脂が過剰に分泌されてベタベタすることがあります。皮膚に炎症が起きていてかゆみがあったり、フケが大量に落ちるような状態は、脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)の可能性があります。

仕事や家庭でのストレス

仕事上で、より責任あるポジションをまかされることが多くなる40代。さらに家庭では子どもの教育費や親の介護問題などが重なるなどで、多大なストレス・プレッシャーを感じることがあります。過剰なストレスは血管を収縮させ、毛根への栄養や酸素の供給を妨げることとなるため、薄毛や抜け毛の原因となるのです。

40代から心がけたい薄毛対策

早めのAGA治療を心がける

40代に多く見られるAGAは、適切な治療を受けることで改善が見込める脱毛症です。AGAは放っておくとどんどん進行してしまうため、早めに医療機関へ相談するのが賢明。早期に対応できれば、それだけ短期間での回復が期待できます。

気を付けて欲しいのは、細胞は「決められた回数しか再生できない」ということ。毛母細胞の細胞分裂が完了してしまったら、内服薬でもharg療法でも再生は不可能となってしまいます。治療はもう少し先でもいい…などと思わず、まずは専門医に相談してみましょう。

適度な運動で血行促進

40代になると体力が落ち、体を動かすのが億劫になりがち。すると運動不足から血行不良が起こり、頭皮への栄養・酸素補給が不十分になります。これを防ぐには、適度な運動を習慣づけることが大事。とくにウォーキングやジョギングといった有酸素運動は血行促進だけでなく、ストレス解消にも効果的なのでおすすめです。

ヘアケアの仕方を見直す

まず頭皮が皮脂でベタつくタイプの方は、髪の毛を洗いすぎている可能性があります。ゴシゴシと力を入れて洗ったり、1日に何度もシャンプーをしたりすると、逆に皮脂の分泌量が増えてしまうのです。シャンプーは基本的に1日1回でOK、刺激の少ないシャンプーを使って優しくマッサージするように洗いましょう。

HARG療法の症例に基づいて選んだ名古屋でおすすめのクリニックとは?