もう迷わない!名古屋のHARG療法クリニックレポート » 脱毛事情と薄毛対策のポイント

脱毛事情と薄毛対策のポイント

ホットペッパービューティーアカデミーが実施した「薄毛に関する意識調査2019」によると、薄毛を気にし始める年齢は男性38.2歳、女性41.4歳という結果となりました(対象者条件:全国20~60歳男女、現在薄毛であると回答した人)。しかし、薄毛の悩みに対して具体的な対策をしている人の割合は、男性12.1%・女性5.4%という結果となっています*。

参照元:リクルートライフスタイル(https://www.recruit-lifestyle.co.jp/news/pressrelease/beauty/nw28237_20190725

薄毛が気になる年代やタイミングは人それぞれですが、どのような原因であるにせよ、早めに対策をするに越したことはありません。ここでは、年代別の薄毛の原因や対策についてまとめています。女性の主な薄毛・抜け毛についてもご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

20代の薄毛事情と対策

20代の薄毛の主な原因はAGA(男性型脱毛症)・ストレス・生活習慣の乱れとなっていますが、「まだ若いから大丈夫」などと油断しがち。「もしかしたら…」と感じたときに、すぐ対策をすることが重要です。早ければ早いほど効果の出る可能性は高くなるので、正しい薄毛対策を知っておきましょう。

20代の薄毛事情と対策を
詳しく見る

30代の薄毛事情と対策

薄毛や抜け毛を気にする人の数が、グッと増えてくる30代。ヘアスタイリングや食生活など、若い頃から続けている習慣が原因となっているケースが多く見られます。そんな30代の薄毛対策で重要なのは、「早期の医療機関への相談」「食生活をはじめとする生活習慣の改善」「正しいヘアケア」です。ここで対策を始めるかどうかが、将来を左右しますよ。

30代の薄毛事情と対策を
詳しく見る

40代の薄毛事情と対策

働き盛りといわれる40代は、薄毛が気になってもなかなか対策をしている時間がない…という人が多いもの。しかし、薄毛の原因がAGAの場合、放置しておいて良くなることはまずありません。毛根の細胞が再生する回数には限りがあるため、早いうちに適切な治療を受けることが重要です。治療と共に生活習慣の見直しも心がけ、毛根の寿命をのばすことを意識しましょう。

40代の薄毛事情と対策を
詳しく見る

深刻な女性の脱毛原因と対策

女性の薄毛・脱毛のタイプで多く見られる、びまん性脱毛症。これは頭部全体の毛髪が徐々に薄くなっていくもので、ホルモンバランスの乱れが主な原因とされています。女性の脱毛症も若い世代から進行することが多いため、「髪の毛の量が減った」「分け目が薄くなった」「地肌が目立ってきた」といった症状がある場合は要注意。放っておくと、どんどん症状が進行してしまうこともあります。ここでは女性が心がけたい薄毛対策についてくわしくまとめていますので、ぜひ目を通しておいてください。

深刻な女性の脱毛原因と対策を
詳しく見る

HARG療法の症例に基づいて選んだ名古屋でおすすめのクリニックとは?