名古屋でHARG療法クリニック探すなら見ておきたいベスト4 » 脱毛事情と薄毛対策のポイント » 見逃したくない薄毛のサイン

公開日:|最終更新日時:

見逃したくない薄毛のサイン

もしかして薄毛?一度気になってしまうと、不安になりますよね。薄毛は進行すると手遅れになってしまうため、早めに気付き対処することが大切です。ここでは、薄毛のサインについて紹介します。薄毛が気になる方、ぜひ参考にしてください、

気を付けておきたい5つの薄毛サイン

髪は、急激に髪が抜けて薄毛になってしまうわけではありません。徐々に進行し、気づいたら薄毛になっていた、ということがほとんどです。薄毛の初期症状・サインを知ることで、早めに対処し、必要に応じた治療を始めることが出来ます。

自分で気づくことが出来る薄毛のサインがこちらです。

  • 細くなってきた髪の毛
  • 抜け毛の量が前より増えた
  • 前髪が薄くなった
  • 頭皮が硬くなった
  • フケや痒みが気になる

それぞれのサインについて詳しく見ていきます。

細くなってきた髪の毛

髪の毛が細くなる理由として、遺伝やストレス、脱毛症などが考えられますが、男性型脱毛症っであるAGAも髪の毛が細くなる原因の1つです。

AGAは髪の毛が細くなって徐々に薄毛になる進行性の疾患であることから、薄毛のサインとして見逃すのは危険です。

また、髪の毛が細くなるのはヘアサイクルが乱れ、成長期が短くなっている可能性もあります。放置すれば薄毛になる恐れがあるので注意が必要です。

抜け毛の量が前より増えた

通常、1日50本~100本程度は髪が抜けていきます。しかし、200本以上髪が抜けてしまう、以前よりも薄毛が明らかに増えたという方は注意が必要です。

抜け毛が増えたかどうか判断する方法として、シャンプー後の排水溝をチェックする、寝起きの枕をチェックするという方法があります。

また、抜け毛が増えた場所によってAGAかどうかを判断できます。

  • おでこ、頭頂部、前頭部:AGAによる可能性が高い
  • 側頭部:AGA以外の脱毛症である原因が考えられる
  • 全体的:加齢や栄養不足など原因と考えられる

あくまでも目安であるため、気になる場合は専門医による診断を受けましょう。

前髪が薄くなった

男性の薄毛の特徴として、前髪が後退しておでこが広くなる症状が見られます。普段髪をおろしていると気づきにくいため、定期的に前髪をあげて生え際を確認すると良いでしょう。

また、左右の生え際がそり込みのようになるのも薄毛のサインです。前髪の後退・薄毛は、進行すると頭頂部まで広がる恐れもあります。頭頂部の薄毛は見づらいため、気づくのが遅くなってしまいがちです。

普段から地肌が透けていないか、他の部分と比べて髪の毛が細く・薄くなっていないか手鏡などを使いチェックしておきましょう。

頭皮が硬くなった

頭皮が硬くなると、血流が悪くなり髪に十分な栄養が行きわたりません。栄養が不足した髪は細く抜けやすくなるため、薄毛の要因となってしまうのです。頭部を両手を広げて包むように持ち、前後左右に動かしてスムーズに動くかどうかチェックしましょう。

頭皮はマッサージなどのケアを行うことで柔らかくできるだけでなく、血行促進やリンパの流れを良くする効果も期待できます。

フケや痒みが気になる

頭皮のフケや痒みは、頭皮環境が悪化していることを意味します。頭皮環境が悪化すると髪が十分に成長できず、抜け毛が増えて薄毛に繋がってしまいます。

頭皮環境悪化の要因としては、以下の点が挙げられます。

  • シャンプーの刺激が強い、すすぎ残しがある
  • 紫外線によるダメージ
  • 乾燥によるダメージ
  • アレルギーによるダメージ
  • 皮脂のバランスが不安定

薄毛のサインを見逃さないことが大切

薄毛のサインについて紹介してきましたが、これらの症状が必ずしもAGAによって生じたとは限りません。

何か症状が気になる方、これらの症状が継続して現れている方は、専門医へ相談することをおすすめします。

HARG療法の症例に基づいて選んだ名古屋でおすすめのクリニックとは?