名古屋でHARG療法クリニック探すなら見ておきたいベスト4 » 脱毛事情と薄毛対策のポイント » 薄毛(AGA)の原因:血行不良
 

薄毛(AGA)の原因:血行不良

薄毛で悩んでいる人は、もしかすると頭皮が血行不良になっているかもしれません。ここでは薄毛と血行の関係や血行不良になる原因、血行不良による薄毛の対策などを紹介します。

薄毛(AGA)と血行の関係

薄毛の原因というと真っ先に思い浮かぶのが遺伝ですが、実は頭皮の血行不良も薄毛の原因の1つとされています。なぜなら、頭皮の血行が悪くなると健康な髪の毛の維持に必要となる十分な栄養素が毛根まで行き届かなくなるためです。

髪の毛をつくって上へと立ち上げる毛母細胞は人間の身体の中で最も活発に細胞分裂しており、多くの栄養素を必要としています。頭皮の血流が悪くなって酸素や栄養を受け取れなくなってしまうと、髪の成長を止めてしまうだけでなく、抜け毛の助長にもつながりかねません。

また、女性の薄毛にも血行不良が関係しているとされており、頭皮の血流低下は女性ホルモンの急激な減少と合わせて抜け毛の増加や髪の毛のハリやコシを失う原因になります。

頭皮の血行は、薄毛の脅威に備えるための防衛ラインともいえる重要なポイント。髪の毛の命運を握っている頭皮の血行を良くするためにも、血行不良になる原因を知って対策をとる必要があります。

血行不良の原因

頭皮の血行不良を引き起こす原因は、主に「加齢に伴う毛細血管の減少」「睡眠不足や生活習慣の乱れによる毛細血管の減少」です。また、頭皮には血管の動きを助けられる筋肉がほとんどないのも、血行不良を引き起こす原因とされています。

毛細血管は加齢によって減少し、60代~70代の毛細血管の割合は20代と比べて4割も消滅してしまうとのこと。毛細血管の減少は高齢者だけの問題ではなく、20代や30代でも生活習慣の乱れや睡眠不足などが原因で毛細血管が機能していない「ゴースト血管」の状態を引き起こす可能性があります。

全身の血管の99%を占めている毛細血管が減少してしまうと全身の細胞に酸素と栄養が行き渡らなくなり、薄毛や抜け毛だけでなく、シミやしわ、冷え、肩こり、高血圧、心筋梗塞や脳梗塞などさまざまな健康面での不調も招きかねません。また、生活習慣の乱れなどが原因のドロドロとした血液や血管の硬化、血管の内側に溜まったコレステロールなども血液の流れを悪くして頭皮の血行不良を引き起こすため、注意が必要です。

要チェック!毛細血管の減少サイン

下記の症状が気になっている人は、毛細血管が減少しているサインかもしれません。薄毛の原因が毛細血管の減少による血行不良なのか気になる人は、どのぐらい当てはまるかチェックしてみましょう。

  • 髪が細くなり、ハリやコシがなくなった
  • 抜け毛が目立つようになってきた
  • 白髪が増えてきた
  • シミやしわ、たるみが増えた
  • 肌のくすみや乾燥が気になる
  • 肩こり、頭痛、関節痛
  • もの忘れが増えてきた
  • 疲れやすくなった
  • 勃起不全(ED)
  • 眼精疲労やドライアイ
  • メタボリックシンドロームと診断された

血行不良による薄毛(AGA)への対策

食生活の改善

脂質や糖質などをとり過ぎると血液がドロドロになり、血行不良を招いてしまいます。血液のドロドロ化を予防するためには、日頃から食事のバランスに気をつけることが大切です。特に動物性脂肪を豊富に含むチーズやバター、肉の脂身、トランス脂肪酸の多いマーガリン、コーヒーミルク、インスタント食品やスナック菓子、中性脂肪を増加させるアルコールのとり過ぎはNG。また、塩分のとり過ぎにも注意しましょう。

積極的に摂取したいのは、野菜やキノコ類、雑穀、ナッツ類(ナッツ類は1日30g程度が目安)です。また、栄養素の補充として育毛サプリを飲むのも良いでしょう。血行を良くするとされる成分には、ビタミンEやカプサイシン、高麗人参があります。

適度な運動を習慣づける

血流を良くするためには、筋トレや有酸素運動を継続して行なうことが大切です。筋肉は使わないと毛細血管が十分に形成されずに硬くなってしまうので、運動をする際は特に大きな筋肉のある下半身や太もも・ふくらはぎの筋肉を鍛える有酸素運動がおすすめ。

ただし、運動のやり過ぎには要注意。やり過ぎると身体が無酸素運動の状態になりやすく、血中の活性酸素が増えることで毛根にダメージを与えてしまいます。息が大きく上がらない程度の筋トレや有酸素運動を心がけましょう。

質の良い睡眠

細胞や毛細血管の修復を促進する成長ホルモンは、眠っている間に分泌されます。そのため、睡眠が不足していたり質の良い睡眠がとれていなかったりすると細胞や毛細血管の修復がしっかりされず、血行不良の原因となることも。夜になかなか寝付けないという人は、自律神経の切り替えがうまく行われていないかもしれません。

日中に適度な運動を行なうことで自律神経の切り替わりがスムーズになり、睡眠効果をアップできます。

頭皮マッサージを行なう

頭皮の血行を良くするには、頭皮マッサージも有効とされています。頭皮マッサージには指の腹で頭皮をぐるぐると揉みほぐす「揉捻法(じゅうねんほう)」、指先で頭皮をつかんで弾みをつけるように指を放す「圧迫法」、軽く握ったこぶしで頭皮をトントンと叩く「叩打法(こうだほう)」などがあり。

また、花王株式会社のヘアケア研究所が2014年に発表した論文「地肌マッサージの頭皮への作用」によれば、圧迫法、強擦法、軽擦法でのマッサージ後の血流量計測で最も血流上昇作用が高かったのは圧迫法という結果がでています。

スキマ時間でできる!簡単な頭皮マッサージのやり方

  1. 手のひらを使って頭全体を押すように揉みほぐす
  2. 指先に力を入れ、指の腹で頭皮を押さえるように頭全体を押す
  3. 指先で軽くはじくように頭皮を刺激する
  4. 指先で側頭部から頭頂部の頭皮をはじくように刺激する
  5. 軽くにぎったこぶしでこめかみから後頭部をトントンと叩く
  6. 親指で額から後頭部の頭皮のツボを刺激する

※力の入れすぎは頭皮にダメージを与えてしまうため、やさしく刺激するようにマッサージを行ないましょう。

生活習慣の改善や適度な運動、頭皮マッサージなどを取り入れても薄毛が改善しない場合、薄毛の原因は頭皮の血行不良によるものではないかもしれません。その場合は、薄毛の治療を行なっているクリニックで診断を受けてみることをおすすめします。

血行不良による薄毛(AGA)に
harg療法は効くのか?

harg療法に用いられるhargカクテルには血行促進剤が含まれるため、血行不良による薄毛にも効果が期待できると考えられます。また、harg療法は年齢や性別、薄毛のタイプも問わない毛髪再生治療なので、女性や20代・30代の薄毛にも対応可能です。

harg療法はどこでも受けられるわけではなく、日本医療毛髪再生研究会に認定された医療機関のみとなっています。そのため、クリニックを選ぶ際は日本医療毛髪再生研究会に認定されているか、harg療法の実績が豊富かどうかをチェックしましょう。

HARG療法の症例に基づいて選んだ名古屋でおすすめのクリニックとは?