名古屋でHARG療法クリニック探すなら見ておきたいベスト4 » 脱毛事情と薄毛対策のポイント » 薄毛や抜け毛対策に参考にしたいヘアブラシの選び方

公開日:|最終更新日時:

薄毛や抜け毛対策に参考にしたいヘアブラシの選び方

ブラッシングには、抜け毛を防いで薄毛対策にもなるということが知られています。ただし、正しい方法でブラッシングをしなければ、効果が期待できないことはもちろんですが、ヘアブラシの素材や種類に関しても正しい知識が必要です。今回は、ヘアブラシの素材や種類に関して詳しく解説していきます。

ヘアブラシの素材から特徴を学ぶ

ヘアブラシには、さまざまな素材があります。その素材ごとに特徴があり、正しく使用することで、抜け毛や薄毛の予防となります。では、それぞれの素材によって、どのような特徴や違いがあるのでしょうか。詳しく解説していきましょう。

プラスチックやナイロン製

プラスチックやナイロン製で製作されたヘアブラシの大きな特徴としては、髪の毛を捉えやすいのが特徴です。

ですから、ドライヤーなどで髪の毛を乾かしながら使用するのに適しています。髪の毛をしっかりと捉えて、押さえながらヘアースタイルを整えられるという特徴がありますので、髪の量が多い、髪の毛が硬いなどのお悩みがある方にもおすすめです。ただし一方では、髪の毛が絡まりやすかったり、静電気が発生しやすきため、髪の毛が痛む場合もあります。注意して使用してください。

木製

次に梳かす部分が木でできている木製ヘアブラシです。大きな特徴としては、プラスチックやナイロン製のヘアブラシと比較して、静電気が発生しにくいために、髪の毛が傷みにくいということがあげられます。

特に静電気の発生しやすい冬場には、非常に静電気を抑える効果を発揮します。髪の毛の痛みが気になる方は、木製のヘアブラシが良いでしょう。

また、木製の特徴として、硬くてしっかりとしているということもあげられます。これは、力を入れすぎると頭皮を傷つけてしまう恐れもありますが、適度な力で使用すれば、マッサージ効果も得られるでしょう。

獣毛素材

獣毛素材には、そのなかでもいくつかの種類があります。まず、代表的なのが、豚毛です。この素材の特徴は、非常に柔らかく、髪の毛への負担があまりかからないということです。髪の毛の痛みが気になっている方や細い方にはおすすめです。

次に、こちらもポピュラーな素材である、猪毛です。この素材の特徴は、1本1本がしっかりと太いことで、髪の毛が硬い方などにもおすすめです。そして、どちらの素材にも言えることが、天然素材の特徴である「適度な水分や油分が含まれている」ということです。このことによって、静電気の発生を防ぎ、髪の毛にツヤを与えてくれます。また、適度な刺激で薄毛・抜け毛対策にも有効だと考えられます。

薄毛や抜け毛をケアするヘアブラシのタイプ

素材の種類に続いては、ヘアブラシのタイプについてご紹介していきましょう。タイプについては大きく2つあります。

クッションブラシ

クッションブラシは、土台の部分がクッションになっていて、頭皮や髪の毛に負担がかかりにくい構造となっています。

ブラシの中央部分が盛り上がった形状をしているため、頭皮にしっかりと当たり、適度なマッサージ効果も期待できます。抜け毛や薄毛対策としても、髪の表面の汚れが頭皮のつまりにつながらないようケアすることができます。

パドルブラシ

パドルブラシとは、ブラシの根元部分に空気穴があり、頭皮にブラシを押し付けると、空気が抜けて柔らかく頭皮に当たる構造をしています。クッションブラシよりもさらにクッション性のあるブラシです。頭皮に負担をかけることなく、ブラッシングできるので、髪の毛がデリケートな方、抜け毛や薄毛が気になる方にもおすすめなヘアブラシです。

まとめ

ご紹介してきたように、ヘアブラシには、さまざまな素材やタイプがあります。自分の髪質に合ったものや、静電気が抑えられて、適度なマッサージ効果のが期待できるものを選べば、抜け毛や薄毛の予防にもつながります。

HARG療法の症例に基づいて選んだ名古屋でおすすめのクリニックとは?